何にでも印刷できます - SERVICE -

シルク印刷

メッシュ状の幕(スクリーン)にある孔からインキを対象物へ印刷する方法です。昔は幕が絹(シルク)でできていたため、シルクスクリーン印刷と呼ばれています。現在では、ナイロンなどの素材が使われており、平面への印刷がメインとなっています。アマサキでは長台(多色印刷可能)のレーンを複数完備しているため、バッグやTシャツをはじめ、様々なアイテムの大ロット印刷に対応でき、社内製版なので短納期で生産可能です。また、特殊印刷を得意とするアマサキでは「回転シルク印刷」も行っており、筒状のボトルやタンブラーへの印刷にも対応可能です。

小物ケース(シルク印刷)

巾着袋(シルク印刷)

ミニトートバッグ(シルク印刷)

傘袋(シルク印刷)

ステンレスボトル(シルク印刷)

プラスチックボトル(シルク印刷)